au Walletはクレジットカードのように使える電子マネー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

wallet_ppau Wallet(ウォレット)は大手通信キャリアau(KDDI)が管理する電子マネーです。EdyやSuicaのような電子マネーと少し違っており、MasterCardの決済機能を利用してクレジットカードのように利用可能な電子マネーとなっています。

最近増加しているブランドデビットカードと電子マネーのちょうど中間のような電子マネーとなっています。事前にチャージした範囲内でMasterCardが利用できるお店でクレジットカードと同じように決済することができます。

※なお、au Walletの利用にはauのサービスを利用していることが条件となります。携帯電話やauひかり(光インターネット)の利用があればOKです。

au Walletのメリット

au Walletはチャージをする時と利用する時の2回でポイントを貯められるお得な電子マネーとなっています。

チャージするとき

一番簡単なのは、「auかんたん決済」という方法です。これはau(携帯電話等)の利用料金に合算して支払うというもので、こちらだとチャージする時に1%分のポイントが貯まります。

また、最もお得なのは「DCカードJizile」を利用する方法です。詳しくは「月の利用額5万円以下ならお得なDCカードJizile。au Walletとの相性抜群」でも紹介していますが、クレジットカードでチャージができ、カードのポイントが1.5%分付きます。

 

利用する時

au Walletは利用時におおよそ0.5%分のポイントが貯まります。また、一部の加盟店(マツモトキヨシなど)では1%分のポイントが貯まります。
前述のチャージ時のポイントも含めると最大で2.5%ほどのポイント還元が見込める高還元率の電子マネーです。

 

クレジットカードのように使えるけど審査がない

au Walletはあくまでもプリペイド型の電子マネーです。そのため、カード発行時に審査はいりません。ブラック情報でクレジットカードを新しく作れない方や未成年や無職のようにクレジットカードの審査になかなか通りにくい方でも作ることができます。

クレジットカードの審査については「クレジットカードと審査の基本」のページもご参照ください。

 

au系のネットバンク「じぶん銀行」を使っているならさらにお得

auのネットバンクである「じぶん銀行」にも口座を作れば、銀行の利用でもau Walletのポイントが貯まります。じぶん銀行はauユーザー向けに「プレミアムバンクfor au」という名称で様々な優遇サービスを行っているのでauユーザーの方にはかなりお勧めの銀行です。
じぶん銀行については「じぶん銀行 auユーザーにとってメリットが高いネット銀行」が詳しいのでぜひご一読ください。

 

auユーザーのみしか使えないというデメリットはありますが、auのスマートフォンや光インターネットサービスなどを利用しているのであればぜひ活用したい電子マネーとなっています。

 

以上、au Walletはクレジットカードのように使える電子マネーという紹介記事でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31