電子マネー・ポイントプログラムに関する記事

楽天カード(JCB)+nanacoの組み合わせでポイント還元率を大幅に高める方法

rakuten-nanaco楽天カードマーンのCMでもおなじみの楽天カード。このカードは数ある年会費無料のクレジットカードの中でも高いポイント還元率や同社グループの楽天市場でのお買い物で実質3%ものポイント還元を受けることができるカードです。

中でも楽天カード(JCBブランド)については今回ピックアップする「nanaco(ナナコ)」との相性が非常に良いカードです。理由はクレジットカードを使ったnanacoチャージでもポイントが付与されるという点です。上手に使えばポイント効率を大きく高めることができます。
特に漠然とnanacoをセブンイレブンのレジで現金チャージしている人は非常にもったいないです。

続きを読む

法人カード(ビジネスカード)が作れないなら法人デビットカードでの代用がお勧め

money_debit_card中小企業や個人事業主・フリーランスの方が仕事用のビジネスカード(クレジットカード)を作ろうと思っても、審査の関係等でなかなか簡単にはカードが作れないという話もよく耳にします。

ただ、最近ではインターネット取引も増えており法人取引でもクレジットカード決済が決済が利用される場面も増えています。そうした場面でクレジットカードがないというのは振込手数料などの無駄なコストを支払う必要があったり、取引完了まで時間がかかってしまうケースもあります。

そんな時におすすめなのが銀行のデビットカードです。最近はクレジットカードの決済システムを利用したデビットカードが主流となっており、クレジットカードではありませんが、クレジットカードのように決済をすることが可能です。今回はそんなビジネス向けのデビットカードを紹介します。

続きを読む

nanacoへのチャージ(入金)でポイントがもらえるクレジットカードのまとめ

nanacoセブンイレブンやイトーヨーカ堂で利用可能なプリペイド型電子マネーのnanaco。セブンイレブンを良く利用する方にはおなじみの電子マネーですね。セブンイレブンでの買い物ならボーナスポイントがもらえる商品も多い上、利用でポイントが貯まります。

このnanacoへの入金(チャージ)はクレジットカードを経由しても行うことができます。さらに一部のクレジットカードだと入金時にもポイントをもらうことができる為、チャージ+利用でポイントを二重取りすることも可能です。

続きを読む

au Walletはクレジットカードのように使える電子マネー

wallet_ppau Wallet(ウォレット)は大手通信キャリアau(KDDI)が管理する電子マネーです。EdyやSuicaのような電子マネーと少し違っており、MasterCardの決済機能を利用してクレジットカードのように利用可能な電子マネーとなっています。

最近増加しているブランドデビットカードと電子マネーのちょうど中間のような電子マネーとなっています。事前にチャージした範囲内でMasterCardが利用できるお店でクレジットカードと同じように決済することができます。

※なお、au Walletの利用にはauのサービスを利用していることが条件となります。携帯電話やauひかり(光インターネット)の利用があればOKです。

続きを読む

月の利用額5万円以下ならお得なDCカードJizile。au Walletとの相性抜群

jizileDCカードJizileは三菱UFJニコスのクレジットカードです。還元率は1.5%で年会費無料という非常に高スペックなクレジットカードに見えます。ところが、このDCカードJizileは「リボ払い専用」のクレジットカードになります。リボ払いについては、高い利息が発生してしまいますので、1.5%の高い還元率なんて一瞬で吹き飛んでしまいます。

DCカードJizileを活用するにあたっては「リボ払いをしないこと」が重要になります。

続きを読む