海外旅行におすすめ

Amazonで2.5%以上のポイント還元率になる地球の歩き方カードJCB

chikyuネットでのお買い物はほとんどがAmazonという方も多いかもしれません。そんなAmazonでお得なクレジットカードといえばAmazonがAmazon MasterCardクラシックという公式カードを発行しています。こちらの還元率は1.5~2.0%です。

ただ、Amazonでの購入限定ということでいえば、還元率最強なのは地球の歩き方カードJCBです。こちらAmazonでのお買い物であればポイント還元率はなんと2.5%となります。

続きを読む

JALのJGC(JALグローバルクラブ)を取得するメリットとその特典と注意点

jgc-jalcardJALのJGC(JALグローバルクラブ)はJALが会員のステータスを決定する判定材料としているFLY ONポイントを1月~12月の1年間で5万ポイント(JMBサファイヤ)に到達することで申し込み・入会が可能となるクレジットカードにJALの上級会員権利が付帯したクレジットカードとなります。

JGCのメンバーになるとJALの上級会員(サファイヤ相当)としての特典に加え、航空アライアンス「ワンワールド」のサファイヤとしての権利も有することになります。今回はそんなJGC特典を中心にJALのJGCになるメリットを紹介していきます。

続きを読む

海外のホテルはチェックイン時にデポジット(保証金)が必要

savings-concept-1056940日本で旅行をするときにはあまり馴染みのない、ホテルでの「デポジット(保証金)」というものをご存知でしょうか?海外のホテルでは一般的で、事前にホテル代金を決済している場合でも要求されます。これは飲食代金や電話代、ミニバーの利用、ホテルの備品を破損した場合などに備えてホテルが要求するものです。

一般的にクレジットカードがあればカード情報を登録することで対応しますが、クレジットカードを持っていない場合は現金によるデポジットを要求されます。

続きを読む

海外旅行が多い人にデルタスカイマイル・アメックスゴールドカードのメリット、デメリット

delta-amexデルタ航空は世界最大級の規模を誇る航空会社です。日本では国内線での就航はありませんが、国際線では多くの便が飛んでいます。福岡・ホノルル(ハワイ)のように地方都市と海外との間での直行便も多いというのも魅力です(ちなみにANA/JALに福岡・ホノルル便は無い)。

そんなデルタ航空は世界三大アライアンスと呼ばれる「スカイチーム」のメンバーです。ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドなので国内大手のアライアンスとは別のチームになっています。

今回はそんなデルタ航空やスカイチームの航空会社を利用する人にオススメなデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを紹介します。

続きを読む

ヒルトンへの宿泊がお得になるヒルトンHオナーズVISAカード

hilton-visaヒルトン(ヒルトン・ホテルズ&リゾート)は世界に500以上のホテル・リゾートを展開しているホテルグループです。日本にも各地にシティホテル・リゾートホテルを展開しています。ヒルトンHオナーズというのは、同社のロイヤリティプログラム(会員プログラム)となっております。

ヒルトンHオナーズVISAカードはヒルトン・ホテルズ&リゾートと三井住友カードが提携して発行しているクレジットカードです。特に、ゴールドカード(ヒルトンHオナーズVISAゴールドカード)には、ヒルトンHオナーズの上級会員資格である「ゴールド会員」の資格が自動付帯する特典がついています。

続きを読む

SPGアメックスはSPGゴールド会員付きの旅行者向けクレジットカード

spg-amexSPGアメックスは世界規模でホテルチェーンを運営するスターウッド・ホテル&リゾートがAmerican Expressと提携して発行しているクレジットカードです。シェラトンを筆頭にウェスティン、セントレジスホテル、トリビュートポートフォリオ、ラグジュアリーコレクションなどで日本国内にもホテルがあります。

アメリカンエキスプレスはもともとT&E(トラベル&エンターテインメント)に強いカードですが、そのブランドとSPGという大手ホテルチェーンが提携したクレジットカードということで、SPGアメックスの特徴としては旅行が多い人にとって非常にお得になっています。

続きを読む

プライオリティパスを無料で発行できるクレジットカードとその価値

prioritypassプライオリティパスとは、海外の空港にある有料ラウンジを利用可能になる有料会員サービスです。海外の主要な空港には飛行機を待っている時間にくつろげる「ラウンジ」が用意されています。ソファなどの設備はもちろん、ソフトドリンクやお酒、軽食、シャワールームなどが用意されており、利用することができます。

この空港ラウンジが利用できるプライオリティパスは年間で399米ドル(4万円超)する有効会員サービスですが、一部のクレジットカードではこのプライオリティパスを無償で提供しています。上手に活用すればクレジットカードの年会費以上の価値を持つこともあるプライオリティパス、無料で取得可能なオススメのクレジットカードをまとめます。

続きを読む