クレジットカードの家族カードの申し込みをするメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

kankou_shopping_asiaクレジットカードの申し込みをする時、自分(本人)以外にも家族用のクレジットカードとして「家族カード」の申し込みが可能なクレジットカードがあります。今回はこの家族カードの便利な利用方法や活用法の他、家族カードを利用する上での注意点についてもまとめていきたいと思います。

そもそも家族カードとは何か?

家族カードというものは、本会員(クレジットカードを利用する代表者)の家族に対して発行されるクレジットカードです。

本来クレジットカードは本会員(名義者本人)しか利用することはできませんが、家族カードは自分の親や子・配偶者などに対して発行されるクレジットカードです。

たとえば夫が本会員となった状態で自分の妻と子供にそれぞれ別の家族カードを発行してもらうという形になります。

夫:本カード
妻:妻の名前が刻印された家族カード
子:子の名前が刻印された家族カード

といった形で合計3枚のカードが発行されます。同じカードを家族で使い回すというわけではなく、それぞれ用にカードが発行されます(カード番号も違います)。

あくまでもそれぞれに発行されたカードを使うようにしましょう。こう書くのは使い回しをしたような場合にはクレジットカードの盗難保険が適用対象外となる可能性があるためです。

 

家族カードを利用するメリット

いくつかメリットがあります。代表的なものとして「ポイントの集約」「安い(無料)の年会費でカードが持てる」「信用が低くてもカードが持てる」といった点が挙げられます。

 

ポイントが集約できる

家族カードの利用分は本会員に対して請求されます。クレジットカードの利用で貯まるポイントは本会員のアカウントに集約されるケースがほとんどなので、家族が別々のカードを使ってポイントを貯めるよりも、ポイントの集約が可能です。

ポイントの失効(有効期限切れ)などのリスクを小さくすることができます。

 

安い(無料)の年会費でコスパよくカードが持てる

クレジットカードの家族カードは多くのケースで年会費が無料かあるいは非常に低い会費で持つことができます。夫婦で別々にクレジットカードを持つよりも家族カードと言う形にしてしまう方が年会費を節約できます。

特にグレードの高いゴールドカード・プラチナカードなどの場合は家族カードであっても高い保険(海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険)が適用されたり、空港のラウンジサービスなどが利用できるケースが多いので、特典や保障などを安い年会費で受けることができるのは魅力です。

たとえば「dカードゴールド」などはその代表的なものです。
dカードゴールド(年会費1万円税別)は、家族カードは1枚まで年会費無料になっており、家族カードの保有者に対してもドコモ利用額のdポイント10倍!の特典が付与されます。

他にも海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険などの保険も付帯するので、コスパ面を最高に高くすることができます。

 

信用が低くてもカードが持てる

クレジットカードを持つためには審査があります。これはクレジットカードが「後払い」という性質を持っているためなので仕方がありません。
そのため、無職であるようなケースのように信用度が低いとどうしてもカード発行がされにくくなります。さらに過去に金融事故を起こしているような場合のカード審査は絶望的になります。
参考:事故情報(ブラックリスト)があればカード審査は絶望的

 

ところが、家族カードであれば審査の対象となるのは本会員だけであって、家族については対象外となります。そのため、信用が低い人がいても本会員の信用度があればカードは発行されます。

 

家族カードを利用するデメリット・注意点

家族カードを作る時にはいくつか注意点もあります。

 

全てのカードが家族カードに対応しているわけじゃない

家族カードの発行を行っていないカード会社(クレジットカード)も多いです。特に高ポイント系のカードや流通系の年会費無料のクレジットカードなどは家族カードの発行自体をしていないところも多いのでご注意ください。

 

年会費の優遇は通常1枚(1名)まで

家族カード年会費無料といったような特典は多くの場合1枚までです。
2枚以上の家族カードの発行については年会費の優遇が無くなることが多いのでご注意ください。

 

家族の使い過ぎにはご注意。お金のことは親族でもトラブルに

妻(配偶者)の家族カードだったら大きなお金のトラブルになる可能性は低いですが。子どもや両親、あるいは兄弟などにも家族カードを発行するとお金のトラブルに発展しやすいです。

家族カードを発行するのであればそのカードの使い方やお金のやり取りについてなどは事前に決めておくことをお勧めします。

 

おすすめの家族カードが発行できるクレジットカード

以下は管理人がおすすめする家族カードがお得なクレジットカードです。

 

dカードゴールド
理由は前述の通りです。ドコモユーザー限定ですが、ドコモの利用料金の10%がdポイントとして還元されるようになります。本人だけでなく、家族カードを発行すれば家族1名の分も10%ポイント還元にすることができます。
月に夫婦で1万円以上ドコモにお金を払っているなら年会費を考慮しても確実に得ができます。
>>dカードゴールド詳細情報はこちら

 

楽天カード
家族カードの発行枚数に特に制限がなく、年会費も無料で発行できます。カード利用の楽天ポイントをまとめることができるのもお得です。
>>楽天カード詳細情報はこちら

 

以上、クレジットカードの家族カードの申し込みをするメリット、デメリットを紹介してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930