JALのJGC(JALグローバルクラブ)を取得するメリットとその特典と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

jgc-jalcardJALのJGC(JALグローバルクラブ)はJALが会員のステータスを決定する判定材料としているFLY ONポイントを1月~12月の1年間で5万ポイント(JMBサファイヤ)に到達することで申し込み・入会が可能となるクレジットカードにJALの上級会員権利が付帯したクレジットカードとなります。

JGCのメンバーになるとJALの上級会員(サファイヤ相当)としての特典に加え、航空アライアンス「ワンワールド」のサファイヤとしての権利も有することになります。今回はそんなJGC特典を中心にJALのJGCになるメリットを紹介していきます。

JGCメンバーになるには?

JGCはJALカード(クレジットカード)の一つですが、誰でも入会できるわけではありません。入会するにはJALのステータス判定ポイントであるFLY ONポイントで5万ポイントを達成し、JMB(JALマイレージバンク)におけるサファイヤステータスを獲得する必要があります。

5万FLY ONポイント(以降、FOP)を獲得するにはそれなりにJALの飛行機に乗る必要があり、年に数回程度飛行機に乗る程度ですと達成は困難です。

出張が多い方やFOPが相対的に大きい海外への移動が多い方などを除けば、ある程度意図的にJALの飛行機に乗るという修行(JAL修行・JGC修行)をする必要があります。

ANAでも同様にANA SFCを取得するための飛行機搭乗を「SFC修行」と呼びますが、JALの場合も同様です。
(参考:ある意味ANAの最高峰カード、ANA SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)

 

JGCの特典

それではJGCに入会するとどのような特典があるのでしょうか?

1)メンバー資格は年会費を払い続ける限り有効

?と思う方も多いかもしれませんが、JALだけでなくANAや他航空会社もFOPなどをためることでなれる上級会員は基本1年間のみです。航空会社の上級会員としてのステータスを維持するためには毎年一定以上の飛行機に乗り続ける必要があります。

ところが、JGCメンバーになればクレジットカードの年会費を払い続ける限りは会員資格が継続されるので半永久的にJALの上級会員となれるわけです。
※ANAのSFCもほぼ同様です。

 

2)JALのラウンジが普通席・エコノミークラスでも利用できる

JALが空港内に用意しているラウンジは基本的に上級席を予約している人向けです。
JAL国内線ならファーストクラス、JAL国際線ならビジネスクラス以上の方が利用するものです。JGCメンバーであればこうしたJALのラウンジが普通席でも利用することができます。

航空会社のラウンジはクレジットカード会社のゴールドカードラウンジなどと比較してもはるかに充実しており、国内線ラウンジでもアルコールなどもフリードリンクで提供されるなど設備もソフト面も充実しており、出張や旅行が多い方にとっては非常にうれしいサービスとなっています。

 

3)予約が取りやすい。JALマイラーにもメリット大

予約の取りやすさも上級会員ならではです。予約可能な座席数は一般のJAL会員よりもJGC会員の方が優遇されています。特に、人気路線の特典航空券などは一定数量しか公開されないので、マイルでの特典航空券予約は困難ですが、JGC会員は一般よりも枠が多く取ってあるため予約が取りやすくなります。

特典航空券以外でも空席待ちや当日予約などあらゆる予約面で優遇されます。

 

4)優先チェックイン・優先搭乗、プライオリティータグなど空港内での優遇

そのほか空港内でチェックイン、搭乗、手荷物などの様々な面で優遇されます。
手荷物制限量なども緩和されます。

 

5)搭乗でもらえるボーナスマイルも増加する

通常のJALカード会員よりも高いレートでのボーナスマイルがもらえます。
飛行機に搭乗する機会が多い方にはとってはこちらも大きなメリットがあるといえるでしょう。

 

6)ワンワールド加盟航空会社なら類似の特典が受けられる

このほか、JALが加盟しているワンワールドという航空アライアンスにおける共通会員資格である「サファイヤ」が与えられます。上記と同じというわけではありませんが、様々な特典を提携航空会社でも受けることができます。

 

JGCの年間維持費(年会費)

こちらはデメリットというかコスト面のお話です。

JGCはJALカードにJGC会員機能を付帯する形になるのですが、JGCの機能を付帯させることができるのはJALカードにおける「Club Aカード以上のグレード」となっています。
Club Aカードの年会費は1万円(税別)なので、JGCの維持コストは年間で1万円ということになります。

平JALカード(一般カード)の年会費は2,000円(税別)なので8000円ほどお高くなるわけです。ここは理解しておく必要があります。
参考:JALカードの種類と特徴

それともう一つの注意点としてClub Aカードは当然ながら一般カードよりもカード会社による審査が厳しいということです。JALのJGCを目指す方でJALカードを持たないという方はいないと思いますが、平JALカードをJGCに切り替えする場合にはカード会社のClub Aカードの審査に通過する必要があります。

これで審査NGだと目も当てられません。JMBサファイアのうちしかJGCにはなれないので、1年内に審査に通らないと、翌年も再度JGC修行・JAL修行をする必要がでてきます。

そうならないためにも、JGCを目指す方は最初から「Club Aカード」にしておくべきです。そうしておけば、JGC申し込みも単にカードの切り替えにしかならないのでカード審査なしでJGCを持つことができます。

 

以上、JALのJGC(JALグローバルクラブ)を取得するメリットとその特典の紹介でした。

SNSでもご購読できます。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031