JCBの最高峰クレジットカード JCB the Classの取得条件や優待内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

jcbtheclass国内唯一のクレジットカード国際ブランドでもあるJCBが発行するクレジットカードの中でも、最高峰とされるクレジットカードが、JCB the Class(JCBザ・クラス)と呼ばれるブラックカード(プラチナカード)です。

カード券面画像を見ていただくとわかる通り、ブラックが基調となった高級感のあるカードフェイス年会費は5万円(税別)とやや高めの金額ですが、提供されるサービスやプレゼントなども考えると決して高すぎるカードではありません。

今回はそんな最高峰クレジットカードであるJCB the Classの取得条件やその特典・サービス内容などを紹介していきます。

JCB the Classの基本スペックと特典

年会費:5万円(税別)
ポイント還元率:0.5%~
海外旅行傷害保険:最高1億円
国内旅行傷害保険:最高5000万円
ショッピング保険:年間500万円
審査:原則としてJCBからのインビテーション(招待)による

いわゆるJCBカードが発行するクレジットカードの中では最高峰クレジットカードとなります。同じJCBが発行するカードでもANAプレミアムカード(JCB)のようにJCBブランドで5万円を超える年会費のカードもないわけではありませんが、JCBカードとして単独発行するカードの中では最も年会費の高いカードとなっています。

 

コンシェルジュサービス

コンシェルジュ(執事)サービスが挙げられます。最近では年会費がもう少し安いカードでもコンシェルジュサービスが付帯するカードも増えていますが、JCBブランドの最高峰カードということもあって、JCBも相当力を入れています。

大抵のことであれば可能な範囲で、様々な要望を聞いてくれます。

・レストランの予約を取っておいてほしい
・旅行の航空券・チケット・ホテルなどの予約や情報を調べてもらう
・誕生日プレゼントの手配をする

 

年1回のプレゼント(メンバーズセレクション)

年1回JCBからプレゼントがもらえます。メンバーズセレクションという名称で、カタログギフトになります。価格的にはおおよそですが2万円相当だといわれています。

ちなみに、このギフトにはディズニーランドの会員制レストラン「クラブ33」での食事券も存在します。普通の手段では入れない特別なレストランに入れるというのはプレミアムカードホルダーとしてのメリットといえそうですね。

 

グルメベネフィット

これはJCB the Classでなくても類似サービスのあるカードも多いです。特定の高級レストランで2名以上のコース料理の1名分が無料になるというもの。
JCB the Classの場合は100店ほどのレストランがグルメベネフィットで予約することができます。

 

ディズニーリゾート特典

JCBはディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであり、アトラクションも提供しています。こうしたこともあって、ディズニー関連の優待もいくつか用意されています。

メンバーズセレクションでのクラブ33予約もその一つですね。
このほかにもディズニーランド、ディズニーシーでのJCB提供アトラクション内にある専用ラウンジが利用でき、優先入場やドリンクサービスなどが受けられます。

また、ディズニーホテルのスイートルームの特別優待価格での宿泊プランもあります。もっとも、スイートルームなので数十万円はしますが……。

 

プレミアムステイプラン

国内高級ホテルのスイートルーム優待プランや、リゾートホテル優待プランがあり、ホテル宿泊などでの優待を受けることができます。

 

プライオリティパス無料付帯

最近ではもう少し年会費の安いクレジットカードでも付帯するケースが増えていますが、海外の空港ラウンジなどが無料で使えるようになるプライオリティパスのプレステージ会員に無料で加入できます。

JCB the Class以外のカードでのプライオリティパス取得については「プライオリティパスを無料で発行できるクレジットカードとその価値」もご覧ください。

 

以上を考えるとJCB the Classの年会費5万円(税別)は必ずしも高すぎる……。といえるような内容ではないと思います。

 

JCB the Classの取得条件

審査のところでも書きましたが、JCB the Classは基本的にインビテーション専用のカードです。中にはJCBカードのデスク(問い合わせ窓口)に電話をして直接申込書をもらうという、突撃と呼ばれる方法で取得される方もいますが、原則的には招待制です。

 

基本的にはJCBプロパーカードが取得が第一歩

JCB the ClassのインビテーションはJCBのプロパーカードホルダーに対して行われます。そのため、ANAカード(JCB)のようにJCBカードが発行していてもいわゆる提携カードと呼ばれるカード会員に対してはインビテーションは行われません。

JCBカードのプロパーカードと呼ばれるカードは下記の通りです。

・JCB一般カード(オリジナルシリーズ)
・JCB CARD EXTAGE(29歳以下限定カード)
・JCBゴールドカード
・JCB GOLD EXTAGE(29歳以下限定カード)

 

中でも、最もJCB the Classの取得に近いのは「JCBゴールドカード」となります。JCBゴールドカードを2年連続で年100万円以上の決済をすると「JCBゴールド・ザ・プレミア」にランクアップすることができます。

そうしてJCBゴールド・ザ・プレミアの会員としてカードの利用を続けるというのがJCB the Classのインビテーションをもらいやすくなる環境ということになります。

 

JCB the Classの取得が難関なわけ

一つは時間がかかることですね。
普通の流れを考えると、少なくとも3年~4年程度はインビテーションをもらうために時間がかかるということになります。

そうでないならやはり「突撃」をするという方法になります。
ただ、JCBカードも最高峰カードとしてのブランドも大切にしているはずなので、これまでJCBと縁もゆかりもない人に単に属性が良いからという理由だけでJCB the Classを発行するとは考えにくいです。

たとえば、非プロパーであるANA/JCBカードについては長年使ってきたというような方であればもしかしたら、突撃でもカード取得ができるかもしれません。

 

JCB the Classに5万円の年会費を出す価値はあるか?

仮にメンバーズセレクションの価値を2万円程度と考えるのであれば、実質的な年会費は3万円程度ということになります。

JCBのコンシェルジュサービスやディズニーリゾート特典や充実した保険などを考えて、ゴールドカードの年会費1万円に2万円をプラスする価値があるかどうか?で判断されたらよいかと思います。

個人的には、5万円(実質3万円)程度の年会費であればかなり魅力的だと思います。

 

>>JCBゴールドカード公式ホームページ
いずれにしても、JCB the Classの取得を目指すならJCBゴールドカードの取得が第1歩です。会員年数も重視されるはずなので、今すぐほしい人も、いずれは欲しいという人もクレヒスを積み上げていきましょう。

 

以上、JCBの最高峰クレジットカード JCB the Classの取得条件や優待内容を紹介しました。

SNSでもご購読できます。

2017年4月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930