クレジットカードに関するニュース・最新情報

モバイル決済サービスを徹底比較。低コストで導入できるキャッシュレス決済サービス導入

客商売をする場合、お金のやり取りが生じます。近年では“キャッシュレス”という言葉がよく利用されるようになっていますが、貴店ではクレジットカード決済や電子マネー決済などを導入されているでしょうか?

クレジットカード決済は手数料が高いから……、導入のための機器導入は負担……、そういった理由で二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか?

そうした方に是非ともお勧めしたいのが「モバイル決済」という仕組みです。携帯電話、スマートフォンなどに装着することで初期投資をほぼゼロにしてクレジットカード決済等のキャッシュレス決済を導入できます。決済手数料も抑えられており、小規模なお店や出張サービスでも登録できます。

今回はそんなモバイル決済サービスを主要なSquare、楽天ペイ、AirPayの3サービスに絞って徹底比較していきいます。

モバイル決済サービス導入のメリット

クレジットカード決済などのキャッシュレスを自社のビジネスに導入する場合、決済に必要な機器導入や手数料の高さ、ランニングコストなどが心配という方も多いです。

また、クレジットカード決済を導入すること自体にもカード会社の審査があるため、導入になかなか前向きになれないという事業主の方も多いのではないでしょうか?

一方で、現在では国を挙げてキャッシュレス決済の推進をしています。外国人旅行客などはキャッシュレス決済を好むことが多く、現金払いだけしか支払いメニューがないと敬遠されてしまう可能性があります。

そこで活用したいのがモバイル決済サービスです。

  • iPhone / iPadなどを使い、決済機器も無料サービスをやっているので初期費用が不要
  • 通信もスマホの通信(ドコモ等やWifi)で行うので固定回線不要
  • 通信範囲なら屋外でも利用できる
  • 手数料が3.24%~3.74%ほどで従来のクレカ決済より安い
  • 最短で翌日には決済代金が入金される

といった特徴があります。

モバイル決済サービスのキャッシュレス決済を比較

主要な3サービスとして「Square」「楽天ペイ」「AirPay」の3サービスを見ていきたいと思います。Squareは外資系ですが、楽天ペイは楽天系、AirPayはリクルート系のサービスとなっています。

Square 楽天ペイ AirPay
運用会社 Square株式会社 楽天 リクルートライフスタイル
決済会社 .三井住友カード
JCB
楽天カード リクルートペイメント
クレジットカードブランド VISA、MasterCard、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブ
対応電子マネー 対応無し ・Suica
・iD
・QUICPay
・nanaco
・Suica
・iD
・QUICPay
決済手数料 3.24~3.95% 3.24~3.74% 3.24~3.74%
入金サイクル
入金振込手数料 無料 無料(楽天銀行のみ) 無料
導入までの期間 最短当日 最短3日 1週間~2週間
初期費用 実質無料 実質無料 実質無料
月額費用 無料 無料 無料
POSレジ連動 アプリ対応 なし アプリ対応(Airレジ)
対応端末 iPhone / Android iPhone / Android iPhone

このようになっています。どうでしょうか?一度でも一般的なクレジットカード決済を導入しようかと思った方からすればかなり破格ともいえる条件だと思いませんか?

そもそも導入の審査期間も短く、手数料も3.24%~3.74%(3.95%)という率自体も相当安いです。従来の個人経営~小規模事業であれば5%を超える手数料を請求されることも少なくないはずです。

スマホさえあれば決済が最短で当日から導入でき、月額手数料もゼロ、入金も早いという事ありません。

楽天ペイ クレカも電子マネーもお任せ

日本国内のモバイル決済サービスの中で今現在一番使いやすいサービスだと思います。

主要国際ブランドにはすべて対応しており、Suica(交通系ICカード)、nanaco、iD、QUIKPayといった電子マネーにも対応しています。

楽天ペイを導入すれば、クレジットカード決済だけでなく、電子マネーを使った決済にも対応しています。また、話題のQRコードを使ったアプリ決済にも対応しています。

楽天銀行の口座があれば、決済代金は翌日入金です。翌営業日ではなく「b翌日」というのが特徴的です。つまり土日であっても振込をしてくれるというわけです。ほぼ現金商売と同じレベルでキャッシュレス決済で資金繰りが可能になります。

楽天銀行の口座は法人口座/個人事業主口座も作ることができます。振込手数料なども安く、ビジネス用途にも活用しやすい銀行です。

楽天ペイの導入や運用かかる費用は決済手数料のみで月額の固定費はありません。また、決済に必要な端末についても実質無料になるキャンペーンを実施しています。

>>楽天ペイ公式ホームページ

Square 導入スピードが速い、最短即日で利用可能

Square(スクエア)は電子マネーには対応しておらずクレジットカードのみに対応のモバイル決済サービスです。

VISA,mastercard,アメリカンエキスプレスであれば審査は最短即日で完了し、決済端末があれば最短で当日から利用できます(JCB、ダイナースクラブ、DISCOVERについては追加情報が必要で審査に数日必要になります)。

電子マネーが使えないという点は残念ではありますが、スピード導入ができるモバイル決済サービスです。あと、実際に私も使ってみたのですが、決済端末が楽天ペイ、AirPayとちょっと違っていて、使い勝手が少し悪い感じがします。

みずほ銀行、三井住友銀行であれば決済代金は翌営業日入金(振込手数料無料)です。こちらもうれしいですね。

>>Square公式ホームページ

AirPay リクルート系のモバイル決済

リクルート系のモバイル決済サービスがAirPayです。もともとリクルートは「Airレジ」というスマホ(タブレット)を利用したPOSレジサービスを行っており、それとも連動可能なモバイル決済サービスとなっています。

小売店頭でAirレジを利用している人は導入しやすいでしょう。

クレジットカードの主要ブランド(VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブ)に加えて、楽天ペイよりは少ないですが、Suica(交通系IC)、iD、QUICKPayに対応しています。

デメリットとしては、決済代金の入金が月3回~6回になっていることです。楽天ペイやSquareと比較して間隔があいてしまいます。また、決済に使える端末がiPhone/iPadのみでAndroid端末に対応していない点もマイナスポイントといえそうです。

導入費用、ランニング費用は決済手数料のみです。今はクレジットカードの読み取り機器も0円となるスタートキャンペーンを実施中です。

>>AirPay公式ホームページ

ABOUT ME
cardblogger
クレジットカードが趣味です。色々なカードを作ってみたり活用方法を考えたりするのが好きです。ホームページ形式よりも一つのテーマを掘り下げることができるブログ形式に最近変更しました。