クレジットカードとホテル宿泊

SPGアメックスはSPGゴールド会員付きの旅行者向けクレジットカード

spg-amexSPGアメックスは世界規模でホテルチェーンを運営するスターウッド・ホテル&リゾートがAmerican Expressと提携して発行しているクレジットカードです。シェラトンを筆頭にウェスティン、セントレジスホテル、トリビュートポートフォリオ、ラグジュアリーコレクションなどで日本国内にもホテルがあります。

アメリカンエキスプレスはもともとT&E(トラベル&エンターテインメント)に強いカードですが、そのブランドとSPGという大手ホテルチェーンが提携したクレジットカードということで、SPGアメックスの特徴としては旅行が多い人にとって非常にお得になっています。

年会費は31000円だけど無料宿泊券や上級会員が付帯

SPGアメックスは年会費が31000円(税別)もするゴールドカードとなりますが、SPGには「更新時の無料宿泊券」と「SPG上級会員資格(SPGゴールド会員)の資格が自動付帯」という2つの特典があります。

ちなみに、SPGアメックスのようにホテルチェーンの上級会員資格が付帯するクレジットカードには「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールド)」があります。

 

更新時の無料宿泊券

カードを更新(1年単位)すると、SPGの無料宿泊券がもらえます。SPGのホテルはカテゴリーが1~7に分かれており、7が最高級となります。更新時にはカテゴリー6までのホテル1室2名分に無料で泊まることができるようになっています。

日本国内にあるSPGのホテルは「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」がカテゴリー7なのでここだけは対象外(2016年3月1日よりカテゴリー変更)ですが、他のホテルはすべて6以下なので宿泊可能です。

もちろん、海外のSPGホテルでもOKです。

  1. 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都(7)
  2. ウェスティン都ホテル京都(5)
  3. ウェスティンホテル仙台(4)
  4. キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道(3)
  5. シェラトン北海道キロロリゾート(3)
  6. ウェスティンホテル大阪(4)
  7. セントレジスホテル大阪(6)
  8. シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(4)
  9. シェラトンホテル広島(4)
  10. 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(4)
  11. シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(6)
  12. ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス(3)
  13. ウェスティンホテル東京 (6)
  14. ウェスティンナゴヤキャッスル(3)
  15. シェラトン都ホテル大阪(3)
  16. シェラトン都ホテル東京(3)
  17. 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ(4)
  18. ウェスティン ルスツリゾート(5)

()内はSPGのカテゴリー。数字が大きいほど高級とされますので、無料宿泊をするならカテゴリー6のホテルを選ぶといいかもですね。

たとえば、カテゴリー6のウェスティンホテル東京だと1泊のお値段は34000円くらいすることになるので、この無料宿泊券だけで31000円の年会費はペイできてしまう計算になりますね。

 

SPGゴールド会員資格が自動付帯する

SPGゴールド会員というのはSPGの会員プログラムにおける上級会員です。普通にゴールド会員の資格を得るには「系列ホテルへの10回以上の滞在、または25泊以上」ということで、それなりに大変です。SPGアメックスカードを持っていれば自動的にゴールド資格がとれます。

  • 空室があれば部屋のアップグレードをしてくれます
  • 通常よりも多くのスターポイントが貯まります(ボーナスポイント)
  • 無料インターネット or ドリンクサービス
  • レイトチェックアウト特典

※特典は公式ホームページか電話による予約が必要。楽天トラベルやじゃらんネットなどの旅行ポータルサイト経由の場合はNGです。ただし、SPG系列のホテルは公式サイトがベストレートギャランティー(最低価格保証)となっております。

 

ポイント還元率もホテル宿泊券(料金充当)に充てるなら魅力的

SPGアメックスはクレジットカード利用によるポイントも魅力的です。
ポイントはアメックスのポイント(リワードポイント)ではなく、スターポイント(SPGのポイント)として貯まります。通常利用なら100円につき1ポイント、SPG系列ホテルでの利用であれば1ドルあたり3ポイントとなります(ドル換算なのはご注意)。

スターポイントは1年半有効期限がありますが、1ポイントでもポイント付与があれば、その時点から1年半の有効期限となりますので、SPGアメックスのカードを少しでも利用すれば半永久的にポイントを貯めることができます。

スターポイントでの無料宿泊については前述のカテゴリーで変わってきます。
ちなみに、休前日かそうでないかで必要なポイントは変わりますが、シーズンによる変動はありません。一方でホテルの価格はシーズンで上下するのでお高い時期をチョイスすればよりお得ということになります。

カテゴリー1:2000~3000
カテゴリー2:3000~4000
カテゴリー3:7000
カテゴリー4:10000
カテゴリー5:12000~16000
カテゴリー6:20000~25000
カテゴリー7:30000~35000

例えば、シェラトン都ホテル東京はカテゴリー3になるので7000ポイントで無料宿泊ができるということになります。宿泊費は2万円くらいなので、1ポイントの価値は2.85円で、ポイント還元率は2.85%とかなり高い還元率になることがわかります。

 

普通のアメックスのポイントもSPGポイントに交換可能

SPGアメックス以外のアメックスのクレジットカードで貯まるポイント(リワードポイント)は1000ポイント=350スターポイント(リワードプラス未登録なら2000ポイント=350スターポイント)と交換可能です。
ただし、リワードプラスに登録してもSPGアメックスと比べると率はかなり悪いので、スターポイントをクレジットカードで貯めるならSPGアメックスが確実にお得です。

 

SPGのホテルを良く利用する人にはメリットがあるカード

31000円という高い年会費がかかりますが、上述の通りホテル無料券で大部分の年会費はペイできる計算になります。SPGゴールドの会員資格やSPGに泊まる前提なら高いポイント還元率などは大きな魅力があるクレジットカードとなっています。

海外旅行や出張に行く機会が多いという方にとってもうれしいですね。

一方でそんなホテルは利用しない、ホテルには泊まるけど、ビジネスホテルで十分という方にとってはあまり魅力のあるクレジットカードではないはずです。実際、SPG系列のホテルチェーンの宿泊料金自体はそんなに安くないですから…。

 

>>SPGアメックスの公式ホームページはこちら

ABOUT ME
cardblogger
クレジットカードが趣味です。色々なカードを作ってみたり活用方法を考えたりするのが好きです。ホームページ形式よりも一つのテーマを掘り下げることができるブログ形式に最近変更しました。