クレジットカードの年会費

三井住友カードのマイペイすリボの年会費割引が改悪!

三井住友カード(三井住友VISAカード)を使っている人にとっては、なかば当たり前に使われてきた年会費優遇サービス(年会費割引)が大幅に改悪されます。

現在、「マイ・ペイすリボ」をご登録いただき、年に1回以上カードをご利用になれば年会費が無料または半額となる特典がございますが、2021年2月年会費お支払い分からは、特典の条件が変更となります。

2021年2月以降のお支払い分からは、前年のリボ払い手数料のお支払いが条件となります。

ということで、マイペイすリボ(自動リボ)の設定をしてカードショッピングをするだけで年会費割引が受けられたというものが、リボ手数料の支払いが必要になります。

マイペイすリボの改悪

あわせて読みたい
三井住友VISAカードを年会費無料にするマイペイすリボの活用方法社会人にも人気の高い三井住友VISAカード。クレジットカードの中でも非常に「スタンダード」な一枚であるわけですが、たとえば、代表的なプロ...

これまでのマイペイすリボの年会費割引については上記の記事でも紹介していますが、三井住友VISAカードの年会費はこれまで、マイペイすリボの設定をして、年1回以上のお買い物をすることで、割引を受けられました。

  • 一般カード:無料
  • ゴールドカード、プライムゴールド、ヤングゴールド、エグゼクティブ:半額
  • 提携カード:割引

マイペイすリボは初回手数料が無料なので、月々のリボ返済額を月々の決済額よりも大きくしておけば、実質的にリボ手数料を払わずに年会費の割引を受けられたわけです。

※月々のリボ支払額を20万円に設定しておき、毎月の支払いが20万円以下ならリボ手数料はゼロに。

これがつかえなくなるわけですね。

リボ手数料の支払いが必須で割を食う三井住友VISAカード

三井住友VISAカードは、これまで比較的簡単に年会費を無料や半額、割引とすることができました。そのため、同社のカードを死蔵カード(保有しているけどほとんど使わないカード)にできてしまいした。

などはその年会費割引の恩恵をモロに受けられたクレジットカードとなっています。

ANA VISAは年会費が割引後1,025円(通常2,000円・税別)にすることができました。ANAカードは更新時に1000マイルがもらえるということを考えると、ANAマイルを貯める目的だけでも利用価値があるクレジットカードとなっていました。

また、Amazonゴールドカードも年会費は1万円(税別)ですが、マイペイすリボ割引で年会費は5000円とできます。WEB明細割も付けると4,000円です。
AmazonゴールドカードにはAmazonプライム特典が付帯しており、Amazonプライムの年会費は4,900円するので、特典込みで考えると、Amazonゴールドカードを使うほうがお得という状況でした。

ただ、これらもマイペイすリボの年会費割引が消えると話は変わります。

小額のリボ手数料を支払うことで回避可能だが……

もちろん、年1回のリボ手数料を支払うようにすることで回避可能です。

リボ手数料の支払いをするには1000円程度の残高を翌月に繰り越すようにすればOKです。三井住友VISAカードでは、マイペイすリボで手数料を発生させるとポイントが2倍になるというキャンペーンも行っているので、こちらを活用してきた方からすると、全く問題ないことでしょう(詳しいやり方は下記記事)。

あわせて読みたい
マイペイすリボでポイント2倍。三井住友VISAカードのポイント活用術 三井住友VISAカードの自動リボ払いサービスである「マイペイすリボ」を利用して、手数料を発生させるとその月のカードポイント(ワー...

ただ、月々の支払金額を調整するのは面倒なことは間違いないので、年1回の支払いだけで年会費を無料化(割引)してきたという方にとっては、間違いなく改悪です。

ABOUT ME
cardblogger
クレジットカードが趣味です。色々なカードを作ってみたり活用方法を考えたりするのが好きです。ホームページ形式よりも一つのテーマを掘り下げることができるブログ形式に最近変更しました。