クレジットカードと投資

楽天カードなら楽天証券で投資信託の積立投資の決済ができるけど、ポイントはつかない

投資信託の積立投資をしている方も少なくないかもしれません。毎月一定金額の投資信託を購入する方法は「ドルコスト平均法」と呼ばれ、時間分散を通じた投資として代表的な方法です。その一方で積立投資の投資資金を用意しておく必要があるなど面倒です。

ところが、楽天証券では楽天カードを利用して投資信託の積立資金をカード払いすることが可能です。つまり投資信託の投資代金を「カード払い」できてしまうわけです。

重要な追記(2018年9月)

楽天証券での投資信託購入についてポイントで購入でき、かつポイントも貯まるというサービスの開始が発表されました。詳しいことは以下でまとめております。

あわせて読みたい
楽天証券での投資信託購入に楽天カード払いが可能に。ポイントも付与 クレジットカードの楽天カードがネット証券大手の楽天証券と連携して、楽天証券での投資信託を楽天カードで購入できるようになります。 ...

便利だけどポイントはつかない

この楽天カードを利用した投資信託の積立投資ですが、残念がら楽天カードとしてのポイントは付きません。

その代わり、楽天証券ポイントがつきます。

  • 投信積立の販売手数料の1%
  • 残高10万円ごとに4ポイント(要、楽天銀行口座)

販売手数料は投資信託を買う時にかかる手数料、最近は手数料のかからない投資信託も多いですが、投資信託によっては最大で3%~4%程度の手数料がかかります。この1%分がポイントバックされるわけです。

また、楽天証券だけでなく、楽天銀行にも口座が必要になりますが、楽天銀行のハッピープログラムに登録をすれば投資信託の残高10万円ごとに4ポイント(4円相当)が貯まります。年間だと0.048%くらいになります。

ちなみに、投資信託については最近ではネット証券を中心に「保有でポイント」が貯まるところが増えています。詳しくは「投資信託ポイントサービスでおすすめの証券会社比較」も参考にしてください。

楽天カードで投資信託を積立するメリットはあるか?

基本的には無いです。
楽天証券のポイントは貯まりますが、入金(クレジットカード決済)に対するポイントではありません。

ちなみに、この支払方法は純粋なカード払い(クレジット払い)ではなく、「投信積立サービス 楽天カード(集金代行)決済」というそうです。

そもそも楽天証券を活用するなら楽天銀行にも口座を開いておくべきです。楽天銀行にお金を入れているなら自動引き落としで投資信託が購入できるので、ポイントもつかないのに楽天カードを経由させる必要性はないでしょう。

参考1:楽天証券の詳細情報
参考2:楽天銀行「マネーブリッジ」のメリット、デメリット

(追記)
マルイのエポスカードについてが2018年中に証券会社を立ち上げて、エポスカード決済で投資信託が買えてポイントも貯まるようになるそうです。楽天カードも追随してくれないかな?期待しますね。

あわせて読みたい
エポスカードで投資信託が買えるように?マルイのつみたて証券会社 2018年夏ごろより、丸井グループとして、投資信託の積立投資専用の証券会社を設立すると発表しました。投資対象は“つみたてNISA...

以上、楽天カードなら楽天証券を通じての投資信託の自動積立にも利用できるけど、ポイントはつかないというお話でした。

ABOUT ME
cardblogger
クレジットカードが趣味です。色々なカードを作ってみたり活用方法を考えたりするのが好きです。ホームページ形式よりも一つのテーマを掘り下げることができるブログ形式に最近変更しました。