クレジットカードの年会費

三井住友VISAカードを年会費無料にするマイペイすリボの活用方法

mituisumitomovisa-classic社会人にも人気の高い三井住友VISAカード。クレジットカードの中でも非常に「スタンダード」な一枚であるわけですが、たとえば、代表的なプロパーカードである「三井住友VISAクラシックカード」は1250円(税別)の年会費がかかります。

ただ、このマイペイすリボという「自動リボ払い」を登録すれば無料にすることができます。ただ、このままだと普通に決済をするとリボ払いになって手数料(金利)が発生するわけで本末転倒なのですが、限度額いっぱいに毎月の支払額を引き上げれば結果的にリボ払いにならず、年会費分得をすることができます。

マイペイすリボで自動リボをリボ払いしない方法

三井住友VISAカードに申し込みをする時にマイペイすリボの申し込みが可能です(後からも手続きできます)。カード申し込みをするときは下記の画像のように5千円、1万円、2万円、3万円の中からしか選択することはできませんが、カード到着後にマイページから金額を引き上げることができます。

mpr
※上記は三井住友VISAクラシックカード申込時の画面。

このとき、「クレジットカードの利用可能額(上限額)=マイペイすリボの毎月の最低お支払額」にしてしまえば、どんな決済をしたとしてもリボ払いにはならずに確実に1回払いにすることができ、金利・手数料が発生することはありません。

 

Vpassにログインして変更する

最初の申し込み時には、上記の通り、5千円、1万円、2万円、3万円の設定しかできないので、マイペイすリボの金額を引き上げるのは実際にクレジットカードが届いて、三井住友VISAカードのオンラインサービスである「Vpass」にログインできるようになってからです。

クレジットカードが届いたらVpassへのログイン方法と初回手続きについてかかれた書類があるはずなのでそれに従って登録してログインしましょう。

 

ログイン後の手続き

ヘッダー部分(ページの上部)にある「お支払について」→「リボ払い&分割払い」→「マイ・ペイすリボ」→「マイ・ペイすリボのお支払コース変更お申込み」の順にクリックしていきます。
最後に「元金低額コースのところに空欄万円」となっているところがあるので、空欄のところにあなたのクレジットカードに設定されている利用限度額を入力します。

その上で、「申込」ボタンをクリックして作業は完了となります。

なお、年に1度もカードの利用が無い場合は、年会費無料(割引)の特典は有効となりません、100円でもいいので最低年1回の利用が必要です。

 

マイペイすリボで年会費が安くなる三井住友Visaカード

以下は、マイペイすリボ+WEB明細登録で年会費が無料または割引になる三井住友Visaカードです。なお年会費はすべて税別表記となっております。

年会費が無料になるカード
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカードA (保険充実タイプ)
・三井住友VISAアミティエカード (女性向けサービス付きカード)

年会費が安くなるクレジットカード(マイペイすリボ+WEB明細登録)
・三井住友VISAエグゼクティブカード:年会費3,000円→1,000円
三井住友VISAゴールドカード:年会費1万円→5,000円
ANAカード(Visa):年会費2,000円→1,025円
ANAワイドゴールドカード(Visa):年会費14,000円→9,500円

 

かなりお得になりますね。年会費無料になるクラシックカード(一般カード)はもちろんですが、ゴールドカードや人気のANAカードも年会費を節約することができるわけです。

 

もっと上級編になりますが、三井住友VISAカードではマイペイすリボで「手数料が発生した場合」にはワールドポイント(クレジットカードの利用ポイント)が2倍になります。三井住友VISAカードの一般カードの場合はポイント還元率は0.5%と標準的ですが、2倍の1.0%となるとポイント還元率が高いカードといえるでしょう。

ただし、これを利用する場合は少額の利息(手数料)に抑える必要があります。リボで金利を払っていては元も子もありません。

ABOUT ME
cardblogger
クレジットカードが趣味です。色々なカードを作ってみたり活用方法を考えたりするのが好きです。ホームページ形式よりも一つのテーマを掘り下げることができるブログ形式に最近変更しました。