プライオリティパスを無料で発行できるクレジットカードとその価値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

prioritypassプライオリティパスとは、海外の空港にある有料ラウンジを利用可能になる有料会員サービスです。海外の主要な空港には飛行機を待っている時間にくつろげる「ラウンジ」が用意されています。ソファなどの設備はもちろん、ソフトドリンクやお酒、軽食、シャワールームなどが用意されており、利用することができます。

この空港ラウンジが利用できるプライオリティパスは年間で399米ドル(4万円超)する有効会員サービスですが、一部のクレジットカードではこのプライオリティパスを無償で提供しています。上手に活用すればクレジットカードの年会費以上の価値を持つこともあるプライオリティパス、無料で取得可能なオススメのクレジットカードをまとめます。

プラチナカードなどの上位カードには付帯する

まず、プライオリティパスについては399ドルという高額な年会費からわかる通り、普通のクレジットカードには付帯していません。ゴールドカードよりもグレードの高いプラチナカード以上の高グレードのカードに付帯するのが一般的です。

ただし、一部のゴールドカードや年会費の安いクレジットカードにもプライオリティパスが付帯する場合もあります。今回は特におすすめできるクレジットカードを紹介していきます。

ちなみに、航空会社の上級会員である方、そもそも海外にはビジネスクラスやファーストクラスでしか行かないという方はプライオリティパスが無くても航空会社のプレミアムなラウンジをご利用いただけるわけですので、無用かと思います。

 

年会費最安の楽天プレミアムカード

楽天カードの上位カード「楽天プレミアムカード」です。年回は1万円と一般的なゴールドカードと同水準です。その一方でプライオリティパスのプレステージ会員(399ドル)が無料で付帯します(要申込)。

これだけで年会費がペイできる計算になります。海外旅行傷害保険等も当然付帯していますので、海外旅行が多い方にはかなりお勧めできるクレジットカードです。

楽天市場のお買い物がお得になる「スーパーポイントアッププログラム」によって、楽天市場での買い物でのポイント付与率が+3%分アップします(期間限定ポイントとして付与)。

>>楽天プレミアムカード詳細情報はこちら

 

MUFGカードプラチナ アメックス

全体的にバランスが良く特典や保証も充実しているのがMUFGカードの最上級カード、プラチナアメックスです。飛行機関連では、国内線・国際線ともに航空機遅延に関する保険が特約として付与されています。

LCCを利用することが多いという方にとっては、プライオリティパスによるラウンジサービス+万が一の時の補償がプラスになっているのはうれしいですね。

年会費は2万円とプラチナカードの中ではやや安めの会費となっています。(JCBなどは5万円)

>>MUFGカードプラチナアメックスの詳細情報はこちら

 

そもそもプライオリティパスが必要かどうかは別の判断

プライオリティパスはプレステージ会員の会費399ドルという金額が独り歩きしますが、そもそも論として海外空港をそんな頻度で利用するかどうかも考えるべきでしょう。

年に1回も海外旅行をしないというのであれば、楽天プレミアムカードの1万円の年会費を考えると、1万円で豪華な食事をする方がマシという判断だってあると思います。

2回、3回と海外に行く機会があって初めてメリットが出てくるようなものだと思います。
あと、同伴者がいる方はご注意ください。プライオリティパスが有効なのは本人のみで同伴者に対しては1名当たり27ドルがかかります。

家族旅行などで海外に行くことが多いという場合、自分だけラウンジで家族は別なんてことは不通はしないと思いますので、そうしたことも考えて考えるべきでしょう。

SNSでもご購読できます。

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031