勤務先に電話?クレジットカードの在籍確認とは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

denwa_kotei_womanクレジットカードの審査の一環として行われることがある「勤務先への在籍確認」。これはクレジットカードに申し込みをした人が本当にその会社に勤めているかどうかを確認するためにクレジットカード会社が勤務先に電話をかけることです。

勤務先に電話!というとちょっと身構えてしまう方も多いかもしれません。今回はそんなクレジットカード会社の審査の一環として実施される在籍確認についてまとめていきます。

なぜ在籍確認が行われるのか?

在籍確認はカード申込者が書いてる(入力している)内容が本当に正しいのかを確認するためのものです。カード会社も一企業なので申込者が書いている内容が本当かどうかを確認することができません。

カード会社は個人信用情報機関と呼ばれる個人の信用情報(クレジット情報など)を管理している機関と提携しているの個人信用情報機関に登録されている勤務先データなどを確認することはできます。

この個人信用情報機関には勤務先情報も登録されているケースもあります。ただ、その情報も過去の情報なので今もその会社に勤めているかわかりません。

そうした情報を本当かどうかを確認するためにも在籍確認が行われます。

 

在籍確認が行われないことがあるのはなぜ?

在籍確認は前述の通り、本当にその会社に勤めているかどうかの確認です。
個人信用情報機関などの情報やそのほか情報などで行う必要がないと判断された場合には在籍確認が行われないこともあります。また、クレジットカードの中でも即日発行などをうたっているカードの中には在籍確認を行っていないようなカードもあるようです。

ただ、この判断はカード会社の審査担当部署の判断であり、利用者側が在籍確認をしないでほしいと要望しても難しいでしょう。
ネットなどで在籍確認を取らないカードとして紹介されているクレジットカードの中でも、在籍確認を行ってくるケースはあります。

あくまでもケースバイケースです

 

在籍確認が行われないことが多い人やカード会社のパターン

あくまでも一例です。

・他社のカード利用状況がきれいな方
信用情報機関で他社のクレジットカードの履歴等がきれい(遅延等がない、毎月決済できている)で在籍確認が行われないことがあります。信用情報には勤務先情報の載っているので、複数社でそれが確認できた場合は省略するというケースもあるかもしれません。

・スピード審査を重要視しているカード会社
即日発行、数十分発行などを強みとする会社の場合、土日のようにそもそも勤務先に在籍確認ができない状況でカード発行の可否を決めるところも少なくありません。そういうケースでは在籍確認自体を省略することがあります。

・他のサービスの利用で在籍確認が事実上できているケース
たとえばクレジットカードは違っても実はカードを発行会社は同じというケースがあります。

 

そもそも在籍確認は怖くない

そもそも論になりますが、クレジットカードの在籍確認は怖いものではありません。
実際には「○○部の××さんはいますか?」「ただいま××は席を外しております」というこの流れだけでも基本的に在籍確認は終わりです。その会社にいることさえわかればいいわけですから……。

以上、勤務先に電話?クレジットカードの在籍確認とは何か?という疑問について回答してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

2017年4月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930