個別のクレジットカードに関する記事

JCBが紙の利用明細を2020年8月より有料化!1通当たり88円が必要になる

紙の利用明細の方がいいという方も多いですが、利用明細の電子化の流れは不可避ですね。クレジットカード大手のJCBカードは紙の利用明細の郵送について有料化を発表しました。郵送コストもバカにならないでしょうから、ある意味仕方ないところがあると思います。

不正利用などのチェックに明細確認は欠かせないので、電子化しても確認は忘れないようにしましょうね!

JCBが紙の利用明細の有料化

2020年8月11日支払い分の明細書より有料化となります。なお、以下に該当する人は有料化の対象外となりますので、引き続き紙の明細書を無料で送ってもらえます。

  • お持ちのJCBカードがゴールド券種以上の場合
  • 明細書作成月(お支払いの前月)の翌月末時点で本会員の方が満70歳以上の場合
  • 明細書に、下のショッピング利用の支払い方法が含まれる場合
    • ショッピング2回払い
    • ショッピング分割払い
    • ボーナス1回払い
    • ショッピングスキップ払い
  • 明細書に、ショッピングリボ払いの利用残高に係る請求が含まれる場合
  • 明細書に、キャッシング1回払い・キャッシングリボ払い・海外キャッシング1回払いが含まれる場合
  • その他、JCBが明細手数料の支払いを要しないものとして別途認める場合

クレジットカードの利用明細チェックの重要性については以下の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
クレジットカードの利用明細チェックは超重要、無駄遣いや不正利用の防止にも クレジットカードでお買い物をすると、毎月利用明細書が郵送で送られてくるはずです。また、最近は明細書を郵送形式ではなく、オンライン...

紙の方がオンラインよりは確認しやすいでしょうから、個人的には紙で明細を出せるカードはそのまま郵送にしてもらうことが多いのですが、そうはいってもいられない時代になりそうですね……。

オンラインでも明細をうまくチェックする習慣をみにつけていく必要がありそうです。

ABOUT ME
cardblogger
クレジットカードが趣味です。色々なカードを作ってみたり活用方法を考えたりするのが好きです。ホームページ形式よりも一つのテーマを掘り下げることができるブログ形式に最近変更しました。